確認検査

カクニンケンサ

HIVスクリーニング検査(HIV感染の可能性の有無を判定する検査)で陽性となった場合に行われる検査。その反応(陽性反応)が実際にHIVによるものかどうかを確認するもので、通常保健所や医療機関ではウェスタンブロット(WB)法と呼ばれる検査方法が用いられます。