細菌性膣炎

サイキンセイチツエン

細菌性膣炎とは、女性器の疾患、感染症一つ。「非特異性膣炎」や、「細菌性膣症」とも呼ばれる。
女性の膣に存在する、細菌(常在菌)が有害な細菌と入れ替わることによって、おりものの増加や悪臭などの、症状を起こす。
もともと女性の膣内に存在する細菌(ラクトバチルスなど)のうち、正常な細菌ではなく通常は膣内に存在しない、B群連鎖球菌、腸球菌、膣桿菌、コリネバクテリウムなどが、発生したときに起こる。
症状としてはおりものの増加と悪臭、まれにかゆみや発赤などが起こる。ただし、赤みやかゆみといった自覚症状には乏しいため、本人は無自覚なことも多い。
膣坐薬、抗生物質、膣洗浄などによって治療される。