硬性下疳

コウセイゲカン

硬性下疳(英:hard chancre)とは、第1期梅毒の症状で、感染部分の浅い潰傷のこと。感染後3週間ほどで現れる初期硬結の中心部が潰傷に陥ったもの。
普通は1個であるが,まれに2個以上となり,痛みもかゆみも生じない。性行為によっては、陰部以外の口唇や乳房などにも発生する。大きさは、米粒大からエンドウ豆大までさまざまである。
梅毒トレポネーマという細菌の感染が原因で発症する。主な検査方法としては、ウシ脂質の抗原を使う方法や、ガラス板法、定量法などさまざまな方法がある。治療法は、ペニシリンを使用するのが一般的である。