視診

シシン

視診とは、診察の一種。医者が自身の目で、患者の患部、顔色、皮膚の色などを見ることで、病名や症状などを判断することを。内視鏡などを使った診察も、視診に含まれる。
具体的には、歩き方、表情、栄養状態、体格、皮膚の色、腫れ具合、変形の有無、粘膜の状態など、幅広く観察される。