卵管炎

ランカンエン

卵管炎(子宮卵管炎)とは、卵管が炎症を起こす疾患。卵管が細菌などに感染し、炎症を起こす。近くの卵巣にも炎症が広まると、「子宮付属器炎」に発展する。
ブドウ球菌、連鎖球菌、大腸菌、淋菌、クラミジアなどが原因となりやすい。特に近年は、性行為感染によるクラミジアの卵管炎が増加している。
症状は炎症が軽い段階では自覚症状に乏しく、卵管炎を自覚できないまま卵管不妊、子宮外妊娠を引き越すこともある。症状が出ると下腹部の痛み、おりものの増加、性交時の痛み、発熱、月経痛などが現れるようになる。