抗原抗体同時検査

コウゲンコウタイドウジケンサ

抗原抗体同時検査とは、抗体と抗原が同時に測定できる検査のこと。 抗原・抗体同時検査法とも呼ばれる。
通常のHIV検査は、血液の中にHIVに対する抗体があるかどうかを調べる「抗体検査」が一般的である。HIV抗原がEIA法(酵素を標識物とする方法)で検出できるほど高くなるのは、感染初期の2週から数週間と限られており、一方でHIV抗体は感染後約3週間は検出されないことがある。また、抗体が検査に反応する程度に増えるまで、ある程度の期間が必要であり、人によって個人差(1~3ヶ月)がある。
抗原抗体同時検査は、感染後早くHIVを検出する目的で開発され、抗原または抗原を一度に検出することが可能であるため、多くの医療機関で採用されている。