カンジダ真菌

カンジダシンキン

カンジダ真菌とは、皮膚、腸管、女性の生殖器周辺に存在する真菌の一種。カビの仲間である。
カンジダ症は、モニリア症や酵母感染症とも呼ばれ、カンジダ・アルビカンスをはじめとする数種類のカンジダ属の真菌が起こす感染症である。カンジダ菌そのものは強い病原があるとは考えられていないが、何らかの原因によって異常に増殖し、皮膚、口の粘膜、腟に感染症を起こす場合がある。カンジダが異常増殖する原因として最も多いケースは、身体の抵抗力が落ちている場合。増えすぎるといろいろな障害が出るおそれがある。また、さまざまな不定愁訴や病気の原因になることもある。