尿管

ニョウカン

尿管(ureter)とは、管腔臓器の一つ。腎で作られた尿を、膀胱まで運ぶ役割を持つ。腎盤から始まり、腎門、膀胱までつながっている。尿管には3箇所の狭窄部が存在し、これらの箇所は、「尿管結石」などの疾患を起こしやすい。
口径7mm程度、長さは長さ30cm程度の管となっている。