デーデルライン桿菌

デーデルラインカンキン

デーデルライン桿菌(かんきん)は、膣内に存在する常在菌です。

乳酸桿菌の仲間で、膣壁から剥がれ落ちたグリコーゲンを餌にして、乳酸菌を生成する性質があります。

膣内には、自浄作用がある・・・とよく言われますが、このデーデルライン桿菌が生み出す乳酸菌により、膣内が弱酸性に保たれることで雑菌の繁殖を防ぎ、自浄することができています。

なお、「おりもの」のすっぱいニオイは、このデーデルライン桿菌が生み出す弱酸性の乳酸菌に起因しています。