非クラミジア性非淋菌性尿道炎

ヒクラミジアセイヒリンキンセイニョウドウエン

非クラミジア性非淋菌性尿道炎とは、性行為感染症の一つ。ブドウ菌、大腸菌、クレブシエラ、マイコプラズマ、ウレアプラズマなどの感染が原因で発症する。主に何らかの理由で免疫力、抵抗力が低下し、細菌が尿道の奥に侵入した場合に、炎症を起こし発症する。
他の性感染症と比べ頻度が高く、特に男性に多く見られる。症状が性器クラミジア感染症と似ているが、非クラミジア性非淋菌性尿道炎の方が症状が軽いとされる。男性の尿道炎のうち、淋菌もクラミジアも検出された場合、他の病原体が原因であると考えられ、非クラミジア性非淋菌性尿道炎と診断される。