ジフェンヒドラミン

ジフェンヒドラミン

かゆみを元から止める「ジフェンヒドラミン」

「ジフェンヒドラミン」とは、古くからある拮抗薬です。炎症を抑制しアレルギー症状を抑える作用が特徴で、じんましんや湿疹など、皮膚炎症の治療に使用されます。

体内に服用すると、神経伝達物質やホルモンなどに働きかけ、アレルギー性鼻炎や睡眠改善などに役立ちます。化粧品に含まれる際の役割としては、化粧水やクリームなどの防腐剤として用いられることもあります。

また、かゆみ止めの抗ヒスタミン剤として、かゆみの発生を元から抑える役割をもちます。

「ジフェンヒドラミン」を含む化粧品には、アンファーの頭皮ケア「スカルプD FK ケアローション」や、小林製薬のデリケートゾーンかゆみ止め「フェミニーナ軟膏S」などが発売されています。