産道感染

サンドウカンセン

産道感染とは、感染の一種。産道を介して、母体から子供に感染すること。母親の身体にあった病原体が、産道(粘膜・血液など)から、子供に感染することをいう。産道感染する病原菌としては、B群溶血性連鎖球菌(肺炎、髄膜炎)、大腸菌、B型・C型肝炎ウイルス、性器ヘルペス、カンジダ、クラミジアなどが挙げられる。
産道感染の予防法は、原因となりうる病原菌によって、異なってくる。病原体の種類などによっては、帝王切開が必要になることもある。出産の前に抗生剤、抗ウイルス剤などによって予防できることもある。