皮膚常在菌

ヒフジョウザイキン

皮膚常在菌とは、体に存在する微生物で肌の上に生息している表皮ブドウ球菌、アクネ菌、マラセチア菌、黄色ブドウ球菌などのこと。
皮膚常在菌にはたくさんの種類があり、それぞれが相互に作用し合って、絶妙なバランスで肌を守っている。脂・湿潤・乾燥、肌のタイプが異なると、住んでいる菌の分布も変わる。表皮ブドウ球菌などの有用菌と普段は無害だが、状況によって人体に害をなす日和見菌に分けられる。洗いすぎないことと消毒・殺菌・抗菌商品を使わないことが肝心である。