加水分解エラスチン

カスイブンカイエラスチン

コラーゲンの接着剤「加水分解エラスチン」

「加水分解エラスチン」とは、皮膚の結合組織に存在する重要な繊維性タンパク質のひとつで、真皮を形成している成分です。

真皮の70%を占めているコラーゲン同士を接着剤のようにつなげる役割をもちます。
コラーゲンと同様に肌に重要な成分でもあり、皮膚再生だけではなく靭帯や件、血管壁などのさまざまな器官に存在する成分です。
年齢と共に減少していくと、しわやたるみなどの原因にも。

皮膚の強さややわらかさ、肌の弾力性に強く関係している成分で、若々しい肌を保つ役割として知られます。

しわやしみなどの皮膚の際構造を進める成分なので、主に美容成分としてアンチエイリアシング化粧品に用いられます。

「加水分解エラスチン」が含まれている商品としてディアナージュの美容液「プラセオリー」などに含まれます。