ラノリンアルコール

人皮脂に近い組成を持つ「ラノリンアルコール」

「ラノリンアルコール」とは、ラノリンをけん化して得られる高級アルコールとコレステロールなどの脂環族アルコールの混合物からなるオイルです。

ラノリンとは、羊毛をウ-ルに仕上げるときに回収される脂を精製したオイルのことをさし、人皮脂に近い組成を持つといわれている成分です。

柔軟作用や湿潤作用が高く安定性もあるため、美容化粧品の原料、または乳化剤として用いられます。

「ラノリンアルコール」が配合されている化粧品としては、化粧水やUVケア商品、ファンデーションなどのコスメ用品やスタイリング剤などのヘアケア用品があげられます。

さまざまなスキンケア商品に欠かせない成分ですが、アレルギー性のある成分でもあります。