カポジ肉腫

カボジニクシュ

カポジ肉腫(英: Kaposi’s sarcoma)とは、ヘルペスウイルス科のウイルスの一種(HHV-8、またはKSHV)によって引き起こされる肉腫のこと。
エイズ患者の末期に発症することで知られている。初期の症状は無痛性で、四肢や顔面の皮膚、口腔粘膜に発症する。病状が進行すると、浮腫や疼痛を伴い、口腔病変では摂食障害の原因となる。
早期発見ならびに、早期治療が重要な疾患である。