リンパ節

リンパセツ

リンパ節とは、免疫器官の一種。リンパは全身の血管以外にも、リンパ管を通して全身にめぐっている。リンパ節はリンパ管系の途中に位置し、非自己異物などが血管に入らないように、免疫応答によって食い止めるといった役割を持っている。
リンパ節には多くの「弁」があり、リンパ洞、リンパ小節などによって構成される。
病原体などの異物が侵入したときは、その種類によってさまざまな免疫応答を起こす。この応答パターンによっては発赤腫脹などの症状が出て、リンパ節炎などの原因となる。
ヒトのリンパ節では、「後頭リンパ節」、「耳介後リンパ節」、「気管支肺リンパ節」、「腸リンパ本幹」などが代表的。