感染症新法

カンセンショウシンポウ

感染症新法とは、平成11年(1999年)4月1日に施行された「感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律」のこと。明治30年(1887年)に制定された「伝染病予防法」が大改訂されたものであり、その施行に伴い、「伝染病予防法」、「性病予防法」、「後天免疫不全症候群の予防に関する法律」が廃止された。
感染症を取り巻く状況が大きく変化したため、より時代に即した内容となった。従来の法律が集団の感染症予防に重きを置いてきたのに対し、感染症新法では個々の国民の予防および良質かつ適切な医療の積み重ねによる社会全体の感染症の予防の推進に基本方針を転換している。 1類感染症、2類感染症、3類感染症、4類感染症、指定感染症、新感染症に分類される。