ステアリルアルコール

ステアリルアルコール

うるおいベールを作るアルコール「ステアリルアルコール」

「ステアリルアルコール」とは、ココナツから生成されるヤシ油と、パーム核油から得られる高級アルコールの一種ひとつです。親水ワセリンと表記される場合があります。

皮膚を保護する油剤として、セタノールやベへニルアルコールと並びさまざまな化粧品や医療品の原料として使用されます。化粧品に含まれる際の役割としては、油と水を合わせる乳化剤としてクリームなどに含まれます。

皮膚に湿布すると肌のうるおいベールを作る作用があり、保湿効果を目的に基礎化粧品のクリームなどにも配合されます。素材にパールのような光沢を与え、テクスチャーがよいのが「ステアリルアルコール」の特徴です。

皮膚炎症やかぶれなどのアレルギー報告のある旧表示指定成分でもあるのですが、医療品の軟膏にも使用されている比較的安全性の高い成分です。