界面活性剤

カイメンカッセイザイ

界面(性質の異なる2つの物質の境界面)に作用して、その性質を変える物質のことを総称して界面活性剤といいます。
分子内に水になじみやすい部分(親水基)と油になじみやすい部分(疎水基)を持ちます。
界面活性剤には様々な種類があり、用途に応じた界面活性剤が配合されます。(つまり、洗浄に用いるものと、乳液やクリームに用いられるものとでは界面活性剤の種類が違うということ。)
用途としては、洗剤のほか、食品や化粧品の乳化剤・保湿剤としても使用されています。