セーファーセックス

セーファーセックス

セーファーセックス(セイファーセックス)(safer sex)とは、性交において、性感染症やHIVなどに感染するリスクを、減らすこと。「セーフセックス(safe sex)とも呼ばれる。
性感染症などに感染するリスクは、直接の挿入・射精などに限らず、オーラルセックス、アナルセックス、ディープキスなどにも存在する。これは相手の体液や血液が、粘膜や傷口などに付着することでも感染の可能性があるためである。このようなリスクを減らすために、直接接触しないように道具を使う、あるいはそれらの行為自体を避けることを、セーファーセックスと呼んでいる。
感染症のリスクを避けるために、男女間、男性同士、女性同士を問わず、推奨されている。