ニューモシスチス肺炎

ニューモシスチスハイエン

ニューモシスチス肺炎(Pneumocystis pneumonia)とは、感染症の一つ。「Pneumocystis pneumonia」の略で、「PCP」とも呼ばれる。かつての名称は「カリニ肺炎」。
免疫力が正常な状態では発症することは少なく、何らかの理由で免疫力が低下しているときに感染・発症する。このため、日和見感染症の一つでもある。主に化学療法、エイズ、ステロイド長期内服などを機に免疫が低下しているときに、再感染・発症することが多い。
症状は乾性咳嗽(痰のない乾いた咳)、呼吸困難、発熱、低酸素血症などが見られる。エイズウイルス感染者は、比較的症状の進行が遅い傾向にある。