潜伏期間

センプクキカン

潜伏期間とは、細菌やウイルスの病原体が、潜伏している期間のこと。感染症は病原体に感染しても、すぐに症状が出る(発病する)とは限らない。このため、体内である程度の期間、潜伏してから症状が現れることが多い。この潜伏期間は、病原体の種類や、個人の免疫力などによって、異なってくる。3日以内の短期間で発病するものもあれば、エイズのように数年以上かかるものもある。
インフルエンザで1~3日、風疹・麻疹で2週間、日本脳炎で1~3週間、エイズは数年~数十年とされる。