薬害エイズ事件

ヤクガイエイズジケン

薬害エイズ事件とは、1980年第に起こった、多くの血友病の患者がHIVに感染した事件のこと。主に血友病患者の治療において、処理が不十分な血液凝固因子製剤の使用により、多数の患者がHIVに感染した事件。過熱などでウィルスの無力化がされていない状態の血液凝固因子製剤にはHIVが混入していた。
事件の被害は世界中に及び、日本では感染者は1800人にも及び、うち600人以上が死亡したとされる。