淋菌感染症

リンキンカンセンショウ

淋菌感染症とは、性行為感染症の一つ。病原体・淋菌(Neisseria gonorrhoeae)の感染によって、発症する。
主にオーラルセックスでの感染が特に多く見られ、性風俗でのフェラチオによる感染が増えている。感染率自体も高く、性行為感染症の中でも非常に頻度が高いといえる。挿入・射精がなくても、口腔を通して感染することがある。
淋菌は温度が高く、湿った箇所でよく育つ性質がある。女性に感染した場合は子宮頚管、子宮、卵管などに症状が現れる。男性は尿道への感染が多い。男女共通の感染箇所としては目、咽頭、口腔、肛門、尿道などがある。