キラーT細胞

キラーティーサイボウ

キラーT細胞(英:killer T cell)とは、リンパ球T細胞の一種で、骨髄で産生された前駆細胞が胸腺での選択を経て分化成熟したもの。癌(がん)細胞、移植細胞やウイルスに感染した細胞を認識して攻撃および破壊する殺し屋的存在の細胞性免疫。「T」は胸腺を意味するThymusに由来する。
近年は、CTL(cytotoxic T lymphocyteの略、細胞傷害性T細胞)と呼ばれることが多い。