カッコンエキス

カッコンエキス

漢方薬にも使われる美容成分「カッコンエキス」

「カッコンエキス」とは、マメ科のクズの乾燥した根から抽出される成分です。中国では漢方薬の材料、日本では古来から葛餅や、葛湯の材料として親しまれました。生薬名は葛根と表記し、発汗、解熱などの作用があり、風邪薬や入浴剤として現代でもなじみの深い成分といえるでしょう。

美容化粧品に含まれる際には、「カッコンエキス」に含まれるイソフラボン配糖体が女性ホルモンに近い役割をもち、ハリのある女性らしいきめ細やかな肌へと近づかせます。メラニンの生成を抑える美白効果に富んでいるので、シミやくすみ肌向けの化粧品などに配合されます。

近年ではコラーゲン促進作用があると発表され、老化による肌のたるみや乾燥防止成分としても最注目されている成分です。

「カッコンエキス」が配合された化粧品には、DHCの化粧水「アセローラローション」や、ドクターシーラボの洗顔料「ウォッシングフォーム スーパーセンシティブ」などが発売されています。