ステアリン酸グリセリン

ステアリンサングリセリン

食品にも使われる天然由来の非イオン界面活性剤「ステアリン酸グリセリン」

「ステアリン酸グリセリン」とは、大豆油などの植物油脂とグリセリンをエステル化して合成して得られる天然由来の非イオン界面活性剤です。ステアリン酸グリセリルやSEとも表記される場合があります。

界面活性剤として歴史が古く、無添加やオーガニック系化粧品などの毒性が少ない乳化剤として含まれます。乾燥から皮膚を守る保湿作用や、肌を柔らかくする保護作用が特徴です。

浸透作用があり、化粧品に含まれる際には補助的に配合されることが主です。菌に強い性質をもち、腐敗しにくい成分として、化粧品だけではなく食品や医療品など幅広く使用されている身近な界面活性剤です。

「ステアリン酸グリセリン」を含む化粧品は、基礎化粧品、ヘアケア用品、メイク用品などさまざまです。