不全角化

フゼンカクカ

不全角化とは、ターンオーバー(皮膚の新陳代謝)の周期が極端に早まり、正常な角質細胞が形成されず、肌の表面が未熟な細胞で形成されてしまう事をさす。
外的な衝撃の吸収や細菌の侵入を防ぐなどの、本来の機能を果たせなくなるというトラブルが生じる。不全角化は炎症性の疾患部位や肌荒れに多く見られ、化粧品の誤使用、例えばスクラブ剤の過度の使用や強いピーリング剤の使用が原因であることが多い。